●古谷塗装店では、TOTOの開発した「ハイドロテクト」を使用して、地球環境の保全や生活環境の向上に努めています。
・水ではじかず、物質の表面に水がなじむ状態(親水状態)を形成する技術と光触媒の基本原理である
・分解技術とを総称して「ハイドロテクト」と呼んでいます。
・TOTOが世界ではじめてこの技術の開発に成功。
・ハイドロテクトは、汚れを分解し、雨水で落とす「セルフクリーニング効果」と活性酸素で空気中の汚染
・物質を分解・浄化する「空気浄化効果」を持った地球環境にやさしいエコロジーな技術です。
・現在、国内外を問わず多くのお客様にハイドロテクトをご活用いただいでおりさまざまな製品が生活環境の中で利用されています。

 

 

植物が行う「光合成」に良く似ています。


「光合成」が葉緑素を触媒として水・二酸化炭素から酸素をつくりだすように、「ハイドロテクト」に使われている光触媒(酸化チタン)に光(紫外線)があたることで「分解力」と「親水性」を発生させます。これにより、「セルフクリーニング効果(防汚効果)」と「空気浄化効果」などが発揮されます。

 

 

活性酸素が汚れを分解し付着力を弱めます。

光触媒である酸化チタンに光(紫外線)があたると酸化チタン表面に分解力(酸化還元)をもつ活性酸素が発生し、さまざまな有機物を分解します。カビや細菌の繁殖や、汚れのこびりつきを抑制するとともに、大気汚染の原因となる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)を分解し、空気をキレイにします。

 

 

水になじむことで、汚れを落としやすくします。

水をはじく撥水性に対し、水のなじみがよくなる事を親水性と言います。水が汚れの下に入り込み、浮き上がらせることによって、汚れが流れ落ちます。